このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 文字サイズ:

今藤長龍郎今藤 長龍郎(いまふじ ちょうたつろう)
《長唄三味線方》

[贈賞理由]

 今藤長龍郎は、長唄囃子方・唄方の家系に生まれ、現代を代表する各派名手の指導の下に長唄三味線方としての研鑽を積み、ここ数年その活動の場を目覚しく広げている。また、古典を現代に活かした新しい作品創造への取り組みも顕著である。
 日本伝統芸能界で今後将来大きく期待されるトップランナーとして、本年度ビクター伝統文化振興財団賞「奨励賞」を贈賞する。

[プロフィール]

1969年東京生まれ 今藤尚之を父に、藤舎流笛家元藤舎秀蓬を祖父に、叔父に藤舎名生、中川善雄を母方の叔父にもつ。4歳よりピアノを始める
1979年今藤綾子師に入門
1980年初舞台(「面かぶり」)
1985年四世家元今藤長十郎師より今藤長龍郎の名を許される(「吉原雀」にて名披露目)
1987年東京芸術大学音楽学部邦楽科入学。在学中、菊岡裕晃、田島佳子、味見亨、清元栄三郎、常磐津英寿、望月左吉、寶山左衛門の各氏に師事。
1991年卒業。父今藤尚之、叔父藤舎名生に師事。
以後NHK邦楽番組、洋楽番組、国立劇場、歌舞伎座、紀尾井ホール等に出演。
2003年秋、中村勘太郎、七之助、中村獅童丈による「錦秋花形歌舞伎」のタテ三味線を勤める。
2004年アテネオリンピック、シンクロナイズドスイミングデュエットフリー「ジャパニーズ・ドール」三味線パート演奏。
2005年日本舞踊海外公演、ロンドン、エジンバラ、パリにて上演。
現在、長唄五韻会同人、現代邦楽作曲家連盟同人、創邦21同人、国立音楽大学非常勤講師

<主な作曲・編曲作品>

◆舞踊作品作曲
「俊寛」(尾上左近(現松緑))
「海女の后」(若柳吉優)
「赤穂の風」(西川扇蔵)
「照手山月」(松若寿多恵)
「若狭」(埼玉県東松山市委嘱)
「仇花火」(NHKBS「ジャパネスク」市川染五郎)
「熊谷蓮生」(西川扇蔵 2005年3月海外公演)
◆編曲
「サンフラワー」(中国ピアニスト、ユン・ディ・リー NHKBSジャパネスク三味線パート)
◆演奏会用作品
「ピアノ売」(唄、三味線、ピアノによる)
「女を論ず」(唄、三味線、笛、大鼓、十七弦による)
「乱風」(三味線、小鼓による)
「波のざわめき」(三味線四重奏曲)
「桜花神韻」(三味線二挺、小鼓による)
など多数。

第9回ビクター伝統文化振興財団賞奨励賞 今藤長龍郎(長唄三味線)

VZCF-1019(CD)1,905円+税
発売日:2005年5月25日

日本伝統文化振興財団賞

これまでの受賞者

第20回

川瀬 露秋

《地歌箏曲・胡弓》
第19回

佐辺 良和

《琉球舞踊家、組踊立方》
第18回

山村 若

《上方舞》
第17回

豊竹 呂勢大夫

《人形浄瑠璃文楽 太夫》
第16回

清元 栄吉

《清元節 三味線方》
第15回

山本 泰太郎

《能楽師 狂言方 大蔵流》
第14回

大和 櫻笙

《大和楽 三味線方》
第13回

遠藤 千晶

《生田流箏曲》
第12回

松永 忠次郎

《長唄唄方》
第11回

十世 片山 九郎右衛門

《能楽シテ方観世流》
第10回

藤舎 呂英

《藤舎流囃子方》
第9回

今藤 長龍郎

《長唄三味線方》
第8回

亀井 広忠

《能楽師葛野流大鼓方》
第7回

藤井 昭子

《地歌》
第6回

善養寺 惠介

《古典尺八》
第5回

山登 松和

《山田流箏曲》
第4回

鶴澤 津賀寿

《女流義太夫三味線方》
第3回

清元 美治郎

《清元三味線方》
第2回

二代 米川 敏子

《生田流箏曲》
第1回

杵屋 直吉

《長唄唄方》

顕彰・助成へ戻る