このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 文字サイズ:

日本伝統文化振興財団賞

わが国の伝統音楽の保存・振興・普及に努めることを目的とする、当財団の顕彰事業の一環として平成八年に設立。伝統芸能分野で将来一層の活躍が期待される優秀なアーティストを毎年一名顕彰します。賞金は五十万円。副賞としてDVDを制作し、次代を担う受賞者の優れた技芸を、映像によってより広く紹介して参ります。

くわしくはこちらのページをご覧ください。

中島勝祐創作賞

長唄三味線演奏家・作曲家として「松・竹・梅」をはじめ数多くの(110曲)舞踊曲等を作曲し、三味線弾き語りによる独自の「創作上方浄るり」をはじめ、 わが国の創作邦楽の発展に大きく寄与した故東音中島勝祐氏(とうおんなかじま・かつすけ 1940年大阪生まれ、2009年没)の功績を記念して、中島勝祐記念会の支援によって2011年(平成23年)に中島勝祐創作賞を創設いたしました。
日本の伝統音楽の様式を踏まえた清新な創作を顕彰する作曲賞で、対象となる作品は新作以外に旧作も応募可能となっています。
受賞作品は、当財団の日本伝統文化振興財団賞発表時に特別演奏の機会を設け、またCDの発行も行います。

くわしくはこちらのページをご覧ください。

邦楽技能者オーディション

当財団では、日本伝統音楽の基盤となる「古典の伝承」に取り組む演奏家の方々にレコーディングとCD制作の機会を提供する邦楽技能者オーディションを平成11年から実施しております。(後継者育成事業)

くわしくはこちらのページをご覧ください。