ヘッドライン」カテゴリーアーカイブ

日本の伝統音楽の様式を踏まえた清新な創作作品を顕彰する中島勝祐創作賞(第13回)に「かぎろひの会」が選ばれました

第13回中島勝祐創作賞は、かぎろひの会の『創作曲「かぎろひ」』に決定しました。

中島勝祐創作賞 第13回(2024年)受賞作品

創作曲「かぎろひ」

作曲者:かぎろひの会 (杵屋五吉郎・杵屋巳三郎・田中傳一郎・福原寛)

【受賞作品データ】

作品名創作曲「かぎろひ」
作曲かぎろひの会
作詞かぎろひの会
編成三味線、唄、笛、小鼓
作曲年2022年
初演2023年

【受賞者プロフィール】

かぎろひの会 プロフィール

杵屋五吉郎 (長唄三味線方)

1964年 東京生まれ。東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。三世杵屋五三郎(人間国宝 芸術院会員)に師事。令和二年、重要無形文化財総合認定を受ける。東京音楽大学非常勤講師。朝日カルチャーセンター講師。

杵屋巳三郎 (長唄唄方)

1967年 東京生まれ 東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。七世杵屋巳太郎(後の淨貢 人間国宝)に師事。令和四年五月大歌舞伎團菊祭にて巳津也を巳三郎に改める。令和五年、重要無形文化財総合認定を受ける。独立行政法人日本芸術文化振興会(国立劇場)養成科長唄講師。

田中傳一郎 (田中流囃子方)

1967年 東京生まれ 東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。四世望月朴清(人間国宝)に師事。平成27年、望月太三郎から祖父の名跡である田中傳一郎を襲名。平成三十年重要無形文化財総合認定を受ける。歌舞伎を主体に演奏している。

福原寛 (福原流笛方)

1967年 愛知生まれ。東京藝術大学音楽学部邦楽科大学院修士課程終了。人間国宝四世宗家寶山左衛門(六代目福原百之助)師に師事。国立音楽大学非常勤講師。東京学芸大学非常勤講師。

2020年コロナ禍の中、その影響によって全ての芸能 文化芸術が活動停止に陥る中、その状況を打破すべく結成された。明けぬ夜は無いという想いから、夜明けの希望の光として「かぎろひの会」と命名する。旗揚げ公演を2020年10月に紀尾井小ホールにて開催(創作曲 「一調一管 弄月」発表)。2023年には第二回を国立小劇場にて開催した(創作曲 「かぎろひ」発表 )。古典長唄演奏に留まらず、新作邦楽の発表も積極的に行う。

2025年2月9日にはGINZA SIXの観世能楽堂にて第三回かぎろひの会を開催予定。

≪中島勝祐創作賞≫

【目的】
故中島勝祐氏の遺志を継ぎ、邦楽の伝統を踏まえた創作の中から広く応募作品を求め、優れた成果を示す作品を顕彰する。

【募集対象】
邦楽器による創作曲(舞踊曲を含む)。応募作品は一人一曲とし、既発表の作品でもよい。

【提出物】
募集作品を録音した音源(テープ、またはCD)、歌詞。

【賞金】
30万円、賞状。

【広報】
受賞曲と中島勝祐氏の曲を一緒に収録したCDを当財団で制作・発行し、広く一般に発売・頒布する。

【第13回審査委員】(五十音順)

加藤 繁治(日本の藝 主宰)
清元 紫葉(清元三味線方、中島勝祐創作賞第1回受賞者)
久保田敏子(京都市立芸術大学名誉教授)
関森 順 (ビクターミュージックアーツ(株)著作権管理室長)
中島 久子(中島勝祐記念会 代表)
西崎 緑 (日本舞踊家)

以上

【ニューリリース】舞踊歌謡のトップランナー相原ひろ子の最新シングル2024年4月24日発売!

新舞踊、民謡舞踊を意識、対象とした作品を歌い続けている相原ひろ子は、今や押しも押されもしない舞踊歌謡の人気歌手。
本作は、博多で芸妓として生きる女性を描く「博多宵灯り」、日本人には馴染みの深い竹を題材にした「竹の唄」のカップリング。
舞台を彩る相原ひろ子の歌の世界をお楽しみください。

作品情報はこちら→https://s.jtcf.jp/item.php?id=VZCG-10588

【ニューリリース】端唄の栄芝が唄う舞踊小曲集。2024年4月3日発売

かつて長唄の人間国宝・杵屋佐登代のために新作された舞踊小曲集の中から、栄芝本人が舞踊家たちのために厳選した9曲を収録。賑やかに、小粋に、またしっとりと唄いあげる洗練された栄芝の唄声が、様々な地方の風情や豊かな情景、人間模様を彷彿とさせます。

作品情報はこちら→https://s.jtcf.jp/item.php?id=VZCG-851

【ニューリリース】人間国宝 杵屋勝国の至芸を集大成-『みすじの糸~杵屋勝国の世界~』(CD3枚組)2024年3月27日発売

長唄三味線の人間国宝で2023年2月に惜しまれつつ亡くなった杵屋勝国師は、五代目板東玉三郎丈、十八代目中村勘三郎丈のタテ三味線を長きに亘り務めるなど演奏家として活躍する一方で良き指導者として多くの門弟を育てあげました。

追悼記念盤ともいうべき本作は杵屋東成・堅田喜三久(いずれも人間国宝)との共演による「二人椀久」、自作曲「若き日の夢」「柳橋」「百千鳥娘道成寺」を含む全6曲を収録。曲目解説・全詞章・勝国一代記を掲載した全80ページの別冊解説書付き。

作品情報はこちら→https://s.jtcf.jp/item.php?id=VZCG-8586

山田流箏曲の偉大な演奏家中能島欣一のすべてを聴く。

これまで未配信だった古典曲全57曲を3月20日より一挙配信。

日本音楽の巨匠にして山田流箏曲の偉大な演奏家中能島欣一がLPレコードに残した古典曲演奏を集め2001年に復刻発売されたCD16枚組『中能島欣一全集-古典篇』に収録の全57曲を3月20日より主要音楽配信サービスにて配信開始します。当財団直営の《じゃぽオンラインストア》ではアルバム・ダウンロード購入ができます。

じゃぽオンラインストア 配信URL: https://japo.murket.jp/item/96545

東京藝術大学教授、芸術院会員、人間国宝、文化功労者と、名実共に山田流箏曲界の最高峰的存在である中能島欣一の演奏は山田流古典曲の規範としての誉れ高く、また、本全集には本手・替手、或いは歌、箏、三弦を全て一人で演奏する「重ね録音」で話題となった1982年録音の貴重な音源も含まれています。

これにより、ビクター専属作曲家として活躍し、「三つの断章」「さらし幻想曲」「ひぐらし」など今なお国内外で人気が高く多くの演奏家によって演奏されている作品を収録した『中能島欣一作品集(一)~(三)』(配信中)と合わせて、中能島欣一のすべてを音楽配信サービスで聴くことができるようになります。

【ニューリリース】 令和の今、盆踊りが熱い!

「盆オドラ-」という言葉もよく耳にするようになり、各地の盆踊りが盛り上がっています。そんな中、2024年の盆踊りシーズンに向けて新録音した「SUN燦サンバ」(サンサンサンバ)がリリースされました。サンバのリズムに乗って楽しく踊りましょう。歌は民謡界・歌謡界で活躍中の藤みち子、須藤圭子、相原ひろ子、武花千草。

https://s.jtcf.jp/item.php?id=VZCG-10586

【ニューリリース】 聴いてよし、踊ってよし!おもだか秋子の民謡アルバム「秋彩」リリース!

日本各地の「民謡」と、共に愛され続ける「民謡舞踊」。その根強い人気は衰えを知りません。群舞にも一人踊りにも適した人気曲8曲を、テレビ、ラジオ、全国のステージで大活躍中の民謡歌手おもだか秋子の唄声で8曲新録音!民謡舞踊ファン必聴の1枚!

https://s.jtcf.jp/item.php?id=VZCG-849