このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 文字サイズ:

第6回 中島勝祐創作賞は、常磐津東蔵氏の「宝船売り」に決定いたしました。

第6回(2017年)受賞作品 

「宝船売り」

作曲者 常磐津東蔵 

【受賞作品データ】

宝船売り」(たからぶねうり)
 作曲 常磐津東蔵
 作詞 大川人士
 作調 清水義矩
 編成 常磐津浄瑠璃 3、三味線 3、囃子
 時間 21分30秒
 作曲年 1984年
 初演 1985年(東横創作舞踊の会 花柳邦衛の委嘱により)

常磐津東蔵 プロフィール

1934年 東京都港区青山に生る。十歳頃より母、常磐津浜千嘉より手ほどきを受ける。
1947年 十六代目家元、常磐津文字太夫に入門。
1951年 大阪在住の伯父、常磐津吾妻太夫の内弟子になる。
1952年 二代目常磐津文昭太夫襲名、翌年プロとしての初舞台。
1954年 三味線方に転向。歌舞伎・日本舞踊の地方・門弟育成業を軸とする。
1959年 邦楽邦舞研究会「ぐるうぷ34」を8人で結成。
1961年 NHK邦楽技能者育成会卒業。
1964年 NHK東京邦楽合奏団入団。同年TBSテレビドラマ有吉佐和子作「連舞」のテーマ音楽作曲、以後作曲活動。
1976年 三代目常磐津東蔵襲名。
1977年 第一回「常磐津東蔵作品発表会」開催、以後継続中。
1978年度 文化庁舞台芸術創作奨励特別賞受賞。
1980年度 文部省芸術祭優秀賞受賞。
1995年 NPO法人きょういく応援団の立ち上げに参加。
1996年 重要無形文化財常磐津節総合認定。
  同年より神奈川県教育委員会「高校音楽教師研修会」、「伝統音楽人材指導者育成ワークショップ」等のレクチャー講師、現在継続中。
2003年、04年 伝統文化活性化国民協会「伝統文化こども教室」施行。「日本文化紹介事業団」を結成。
2005年 旭日双光章受章。

中国各地をはじめ、海外でもレクチャー・公演を多数行う。 作曲数127曲。個人の門弟育成数400余名。 常磐津協会事務局長、公益社団法人日本芸能実演家団体協議会常任理事、常磐津保存会理事、NPO法人きょういく応援団理事、常磐津協会相談役を歴任。

≪中島勝祐創作賞≫

【目的】
故中島勝祐氏の遺志を継ぎ、邦楽の伝統を踏まえた創作の中から広く応募作品を求め、優れた成果を示す作品を顕彰する。
【募集対象】
邦楽器による創作曲(舞踊曲を含む)。応募作品は一人一曲とし、既発表の作品でもよい。
【提出物】
募集作品を録音した音源(テープ、またはCD)、歌詞。
【発表】
日本伝統文化振興財団賞を贈呈する時に併せて「中島勝祐創作賞」を発表し、贈呈する。
【賞金】
30万円、賞状。
【宣伝】
受賞曲と中島勝祐氏の曲を一緒に収録したCDを当財団で制作・発行し、広く一般に発売・頒布する。
【第6回審査委員】
(五十音順)
加藤 繁治(日本の藝 主宰)
清元 紫葉(清元三味線方、中島勝祐創作賞第1回受賞者)
久保田敏子(京都市立芸術大学名誉教授)
中島 久子(中島勝祐記念会 代表)
西崎 緑 (日本舞踊家)
中島勝祐記念会

顕彰・助成へ戻る

 中島勝祐創作賞

これまでの受賞者

第6回

常磐津東蔵

第5回

若獅子会

第4回

東音赤星喜康

第3回

萩岡松韻

第2回

髙橋翠秋

第1回

清元紫葉